出産後は母乳にも苦労をしました

これは私が娘に授乳していた時の事です。一言でいうと辛いの一言でした。
何が辛いかというと、まずは上手に飲ませることが出来なかったことでした。

普通赤ちゃんは授乳の時お口におっぱいが入ったら舌を上あごに着けて吸い始めるのですがうちの娘は授乳とわかるとおっぱいが来る前に舌を上あごに着けてしまい上手に飲むことが出来ませんでした。
生後間もない娘に「どうしてちゃんと飲んでくれないの。犬なんて寝っ転がっているだけで赤ちゃんの方から飲みに来てくれるのに」と本気で思っていました。
一時間ほど助産師さんの指導のもと上手に飲めない娘と格闘し、最終的に搾乳した母乳を哺乳瓶で飲ませるというのを入院中つづけました。
ただ、新生児時の授乳時間は2時間おきで、毎回助産師さんに来てもらうことは出来図、一人で頑張っていました。
辛いのは夜中です。
夜中に幼い娘を親子喧嘩しながら授乳していました。
結局飲んでくれず搾乳していたのですが、搾乳だと母乳が詰まってしまい乳腺炎にはなるしそれはそれは地獄のような日々でした。
しかし、そんな娘も三カ月もすれは上手に飲めるようになりました。
飲んでくれると心に余裕も出てきます。
そうなると授乳中はどんなに食べても太らないということを思い出しました。
元々食べることが大好きな私。お餅は母乳が詰まりやすくなるからお餅関係だけ避ければ大丈夫!と思いとりあえず大好きなケーキを食べました。
ところがよく朝起きてビックリ。
胸にしこりが何か所かあるし、母乳もまずいのか娘はあまり飲んでくれない。
だんだん痛くなってきて熱まで出てきました。
すぐ病院に行ってマッサージしてもらうと生クリームや脂っこいものが良くないと言われました。
あと内臓が冷えると乳腺炎になりやすいので冷たいものを控えるようにと言われました。
どれだけた食べても太らない唯一の時に食べれないなんて…辛すぎる。
でもあの痛みは二度と経験したくないと思いそれから卒乳までの一年半ケーキ、アイス、脂っこいものは控えました。
体質もあるようで、なんぼ食べても大丈夫な人もいるようなのですが私は乳腺炎になりやすい方でした。(ちなみに私の母も妹もなんでも食べていました)
今でこそ笑って話せるし、娘にもあんたは赤ちゃんの頃から手がかかってねなんて話していますが、あの頃は本気で悩んでいました。

そんな私を救ってくれたのが葉酸サプリです。飲むだけでも母体にとっても良いので赤ちゃんを育てるのに重宝しました。また、ダイエット効果があると言われているのもうれしいですね。