完全母乳で育てることができました

初めての子どもを授かった時、絶対に母乳で育てたいという強い意志はありませんでした。出なければミルクでよいし、ミルクの方が楽そうと思っていました。
よく母乳の出方と胸の大きさは関係ないと聞きますが、胸も小さかったし、母親も母乳が出なかったので、自分もきっと出ないんだろうと思い込んでいました。
しかし、分娩した産院が母乳育児にとても力を入れていて、出産直後から母乳マッサージをし、夜も三時間おきに起こされてマッサージをしに来てくれました。
そのおかげか、出産の次の日にはかなりの量の母乳が出るようになり、赤ちゃんも上手に飲んでくれたのでそこから完全母乳で育てることができました。
始めは3時間ごとに授乳させるのですが、なぜか夜は良く寝る赤ちゃんだったので、一回分飲まずに朝まで寝てしまうこともありました。
体重の増加も問題ないし、わざわざ起こしてまで飲まそうとは思わなかったのですが、3時間もするとお乳がパンパンにはってしまって痛くて、母親の私だけが自然と起きるようになりました。
そういう時は搾乳器で搾乳し、哺乳瓶で次の授乳時にあげたり、もしもの時の為に冷凍保存をしたりして無駄なく使うことができました。
なにを食べても詰まって乳腺炎になったりすることもなく、むしろおなかが空いていると母乳の出が悪くなる気がして、夜中に起きた時様におにぎりを用意して食べながら授乳しました。おかげで母乳育児はやせる等聞きますが、むしろ太ってしまいました。
二か月もすると、いわゆるさし乳と呼ばれるものになり、赤ちゃんが欲しがった時だけ母乳が出るようになりました。
おかげで夜もしっかりと寝ることができ、体の負担もものすごく減り助かりました。
当初はミルクの方が楽だと思い込んでいたのですが、母乳だと準備をする時間も必要ないし、温度も気にしなくて良く、作りすぎたり足りなかったりすることもなくて、ミルクよりはるかに楽なんだと気づきました。1人目の時はまったく母乳育児にこだわりがなかったのですが、2人目の時は絶対母乳で育てたいと思っています。

母乳とお薬

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*