看護師は未経験でも中途採用してもらえるの?

看護師は未経験でも中途採用してもらえるの?

 

学校を卒業後に看護師資格は取得したものの病気や怪我で就職できなかったり、家族の介護などの家庭事情はたまた、医療業界ではなく違う業界に就職したりと資格は持ってはいても看護の実務未経験の方も以外と多いのです。そういった方が、未経験者として病院などで看護師として本当に働くことができるのか?気になるところではあると思います。今回は未経験だけど看護師として働くことができるのか記述していきたいと思います。

 

・深刻な看護師不足の影響もあって

看護師国家試験に合格し看護師の資格を取得する人は毎年約5万人と言われています。ですが、現在の日本国内では看護師が5万人不足しているとも言われています。それを実証するかのように看護師の有効求人倍率は2.8%とかなりの高水準を示唆しているのです。つまり、看護師の資格を取得していれば未経験であろうと就職先は豊富にあるのです。なので、看護師資格さえ取得していれば未経験者であろうと就職先はあるのです。

 

・臨床未経験が故の不安

看護師資格を取得後、看護師として働かなった方が医療の現場に行くとなると「本当に大丈夫だろうか」と不安になる方も確かに多いです。確かにそうだと思います。医療の現場は人の体を直接管理するわけですから、当然責任があります。それ故に心理的なハードルも高くなるものです。ですが、先ほども言ったように現代の医療現場は未経験であろうが看護師を欲している病院はたくさんあるもの。だからこそ、病院全体として未経験者の方に対応するべく、教育・研修制度を充実させているのです。大きな病院に関しては特にそういった研修が充実していると言えます。では、中小の病院は研修がないのかと言ったらそうではありません。中小規模の病院でもマンツーマンで新人教育をする‘プリセプター制度’を活用することで、新人教育に力を入れているところが多いのです。もちろん大規模な病院は研修に加えてプリセプター制度を活用しているところが多いです。このように、病院側としても看護師確保のために臨床未経験者を採用するための策を立てているのです。

 

・未経験者としての病院選び

臨床未経験の方が病院を選ぶ時に気になるのがやはり新人教育です。先ほども述べたように、教育研修やプリセプター制度がしっかりとしたところに就職したいのは誰しも考えることは同じ。では、そういった環境が整備されている病院を選ぶにはどうのようにしたら良いのか?まず、おススメしたいのが、看護師転職サイトを見ることです。看護師転職サイトは看護師が転職する際に必要としている病院の情報が一般求人に書かれていないところまで詳細に書いてあるので大変参考になります。それでも、概要をつかめない時には看護師転職サイトのキャリアコンサルタントへ相談して、斡旋してもらった方がいいでしょう。内部の実情や情報を1番持っているので教育制度が整っている病院を紹介してもらえることでしょう。

 

・まとめ

未経験で新しいことを始めるのは看護師に限定したことではなくとも、どの職種であっても心配はつきものです。なので、自分で情報を集めたりコンサルタントへ相談することで自分が不安に思っていることを少しづつ解消していく必要があります。不安が少しでも解消され「よしっ。やってみよう」と思えた時には勇気をもって始めてみてもいいかもしれません。何かを始めるのには確かに勇気が必要です。ですが、始めたからこそ見える景色もきっとあると思います。良いことも悪いことも決して無駄にはならないはずです。今がその1歩を踏み出す時かもしれませんね。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*