看護師は働きながら中途採用の就職活動はできる?期間の平均は?

働きながら就職活動をすることは可能?転職までの期間の平均はどれくらい?

 

看護師として転職を考えている方には2つのパターンがあります。1つ目は、現職を辞めてから仕事を探す。2つ目が現職の仕事をしながら仕事を探すという方法です。1つ目の現職を辞めて仕事を探す方法は、仕事を辞めているわけですから、時間にとらわれることなく転職活動を行えるので、心理的なストレスも比較的少ないです。ですが、収入がない状況での転職活動になるので、仕事をしている時にある程度の貯金をするなどの計画性が必要にはなってきます。そして、2つ目に挙げた仕事をしながらの転職活動。「看護師として仕事をしながら本当に転職活動ってできるの?」と疑問に思う方も多いと思います。なので、今回は看護師として仕事をしながら転職活動ができるのか?について記述していきます。

 

・看護師という仕事をしながらの転職活動

看護師として働きながら転職活動をする時に最も苦労することが「時間」です。看護師の仕事は‘早番’‘日勤’‘遅番’‘夜勤’と変則勤務のところがほとんどです。パート労働者や日勤だけの看護師は別ですが。つまり、変則勤務ということは時間を工面するのも一苦労なのです。自分で時間を見つけては仕事を探して、仕事が見つかったらアポをとって、休みを取りながら面接に行くとなると、時間的な余裕が本当にない状況で転職活動をすることになります。また、転職活動をしながらも現職の仕事ももちろんあるわけですから、体にも負荷がかかってしまうのです。

 

・心理的なストレスも

現職をしながら転職活動を行っている中で、更に大変なのが「職場に秘密にしてるけど、バレないかが不安…」といった声もあります。確かに転職活動は基本的に隠密に行うもの。同じ業界であれば特に「バレていないか…」と不安に思う方も多いでしょう。そういった心理的なストレスに加え、先ほども述べたような時間の余裕・身体的な疲れも加わり心身共に疲弊してしまいます。「じゃあ、どうしたらうまく転職活動ができるの?」となった時にどうすれば良いのか。

こうした在職中の転職活動サポートしてくれるのが看護師転職支援サイトです。看護師転職支援サイトにはキャリアコンサルタントなどの専門職の方が在籍しているので、転職希望病院との面接日程の調整や転職に関する面倒な手続きをサポートしてくくれるのです。

 

・看護師の転職に有する平均的な期間

看護師の転職に必要とする期間は平均すると2カ月程度になります。もちろん、これには個人差があります。明確な目標がある人つまり「どうしてもこういった病院に就職したい」と強い願望がある人は大体1カ月程度の期間で転職先が決まります。ですが、明確な目標がなく「どこにしようかな」と言いつつ毎回希望先が変わるよう方に関しては、長い方だと半年程の期間を有する場合もあります。早く転職先が決まるに越したことはありませんが、なかなかきまらないケースもあるのです。また、在職しながらの転職は本当に色んな方面でストレスが溜まり心身共に疲弊してしまうものです。そうした状況を少しでも改善できるように早い段階から看護師転職支援サイトを活用して、スムーズな転職活動ができるようにするのも1つの方法ではあります。

 

・まとめ

転職活動は看護師に限らずどの職種でも心理的な負担や身体的な負担があるものです。そうした負担を少しでもなくした状況で転職活動ができた方がいいですよね。負担を軽減するべく活用できるものがあれば、しっかりと活用して自分にとって転職活動がしやすい環境作りをしていくことも大事なことです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*