看護師の中途採用はブランクがあっても大丈夫なの?

看護師の中途採用はブランクがあっても大丈夫なの?

 

看護師の仕事は基本的に重労働です。病院に勤務している看護師の方は特に命に関わる部分が多いことから責任を伴います。なので、結婚や出産を機に現場から離れた看護師がまた復職するとなると「本当に大丈夫だろうか?」と不安な気持ちになる人が大多数です。医療の現場は常に発展し、色々な薬や医療機器が現場に導入されています。その中にまた飛び込んで仕事をする時に「新しい医療機器や薬に対応できるだろうか?」と思うこともあるでしょう。しかし、現場のスタッフもその気持ちは同じです。新しいものを始めたり、取り入れたりする時は誰しも不安なものです。今回はそういったブランクがあっても看護師として復職ができるのかについて記述していきます。

 

・ブランクがある看護師を採用してくれるものなのか?

看護師として復職を考えたときに考えるのが、ブランクがあっても採用してもらえるのか?といことではないでしょうか。ブランクがあるからと言って採用してもらえないということは決してありません。近年では、ブランクのある看護師に対して入職時に医療機器の説明であったり、点滴・採血の方法を丁寧に教えてくれる初任者研修を行っている病院が大体数です。また、出産をした看護師であれば夜勤が出来ない方も多いです。そういった方に関しては、夜勤はなしの日勤のみで対応している病院もかなりの数あります。日勤専門看護師や夜勤専門看護師もいるので、そこは心配する必要はないでしょう。面接時に「日勤のみで」という意志を伝えておけば、対処してくれることでしょう。

 

また、病院にこだわらなければ介護施設の看護師として働いてみるのも1つの手ではあります。介護施設も看護師を配置しないといけないので看護師の需要はあります。病院との違いは、医療行為が少ないことです。介護施設は基本的に病状が安定している方が入居しているケースが多いので、基本的に医療行為は少ないです。また介護施設であれば病院よりものんびりしている所が多いので、ブランクがる看護師でも馴染みやすい環境ではあります。

 

・現代では病院に看護師不足が深刻な問題に

今の時代看護師不足は深刻な問題となっています。特に地方に行くとその問題は著名です。病院の病床基準の為に看護師の配置人数は法律で決められているにも関わらず、その配置基準の看護師を獲得できない病院も出てきている程なのです。なので、病院側としても例えブランクがあったとしても看護師として働いてくれるのであれば喉から手が出る程人材を欲しがっている病院も少なくはないのです。また、地方の病院に行けば看護師を紹介してくれた方に対して紹介料を支払っているところもある程、看護師不足は深刻な問題になっているのが実情なのです。「ブランクがあっても採用してもらえるかな?」と不安になっている方も多いとは思いますが、病院側としても看護師の確保に必死になっている実情を考えれば復職自体はやる気があればいつでも働く場所はあるということです。

 

・ブランクがある看護師としての心構えも重要!

上記でも記述したように看護師として働く場所は結構な数存在します。ブランクがあっても就職先に困ることは決してないでしょう。ただ、ブランクのある看護師として働くのであれば心構えは重要になります。例え、前職で最先端の医療を取り扱っている病院でバリバリ仕事をしていた方であろうが、主任クラスの仕事をしていた方であろうが、自分にはブランクがあることや看護師としての技術が古いことを認識した上で謙虚な学ぶ姿勢を大事にしなければなりません。謙虚な学ぶ姿勢で仕事に取り組むことで、現場の雰囲気にも早い段階で馴染むことができることでしょう。今の医療は多種目連携が非常に重要なキーワードになっています。なので、看護師同士のみならず色々な部署との連携というのも業務に入ってきます。ブランクがあって不安な気持ちも少なからずあると思います。ですが、学ぶ姿勢を大切にすることでブランクがあろうと周りは高い評価をし、自分にとって働きやすい環境になることでしょう。

 

・まとめ

看護師として復職するとき不安な気持ちは誰しもあるものです。むしろ「不安なんてない。自分ならどこに行ってもやれる」という傲慢さを持っている方が周りから見たら不安に思われるものです。その「大丈夫かな?」とい謙虚な姿勢を持って仕事に取り組めばブランクがあろうと周りは絶対に評価してくれます。看護師としてあなたが働いて輝ける場所は全国各地どこにだってあります。人の為、医療の為に今一度あなたの看護師としてのスキル活かしてみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*