看護師の中途採用でプリセプターがついている病院を選ぶには?

看護師の中途採用でプリセプターがついている病院を選ぶには?

 

看護師として他の病院へ転職するのは勇気がいるものです。病院を変えると病院の機能も違えば、もちろん診療科も変わります。また、病院の方針も働く上で重要になってきます。そんな時、新しい環境で必要になるのがプリセプターです。新しい職場にしっかりとしたプリセプターがいるだけで働きやすさは段違いです。今回は看護師として転職する時にプリセプターがしっかりしている病院なのか選定するための情報を簡潔に説明していきます。少しでもあなたの転職活動にプラスになる情報を提示できたらと思います。

 

・プリセプターとはどんな人?

プリセプターとは、新人看護師(中途採用の1年目も含む、以下プリセプティーとする)の指導・教育を行う看護師を指します。このプリセプターは大体のところが看護師として主に2年~4年目の看護師がこれに該当します。主に同じ病院で2~4年務めている人をこのプリセプターに起用する病院が多いです。役割としては、約1年間(各病院で期間は異なる)の細かい指導内容が事前に決められておりプリセプティーが1人前の看護師として自立できるように計画を立て・実施する教育者となるのです。

 

・プリセプターがついている病院とは?

上記でも説明したように新人看護師にとって、プリセプターの役割は自身が働く上で大変重要なものになってきます。ですが、転職をする時にプリセプターがしっかりしているのかなどは分からないものです。病院の中身が分かるのは、その病院内で働いている人にしか分からないもの。では、どうすればプリセプターがしっかりと機能している病院なのか?と選別する方法を紹介したいと思います。

まず、活用して欲しいのが看護師転職サイトです。一般的な求人を見ても分かるように看護師に対する教育システムを事細かに書いている求人は殆ど皆無です。一般的な求人は給料や休みのことしか書いていません。ですが、看護師転職サイトであれば、各病院の教育システムについて説明している病院もたくさんあります。看護師転職サイトのキャリアコンサルタントであれば病院内の情報を熟知しているものです。そのキャリアコンサルタントにプリセプターがしっかりしているのか確認するのが1番確実な方法になります。

 

・プリセプターがしっかりしている基準とは?

では、プリセプターがしっかりとしている病院とはどのような病院なのか?

現代の病院では大体のところがプリセプターを活用した‘プリセプターシップ’を活用して新人看護師の育成に力を入れています。特にこのプリセプターがしっかりとしている病院の特徴として‘チーム教育’がしっかりしている点が挙げられます。プリセプターシップのデメリットして、担当のプリセプターと肌が合わなかった時にそのプリセプターに一任するのではなくチーム教育として他の看護師がフォローに入ることでチーム教育として新人看護師の教育・フォローを行うのです。そうすることで、プリセプターの責任を軽減しつつプリセプティーの心理的な負担の軽減にも一役買うことができるわけです。こういった‘チーム教育’がしっかりしているところはプリセプターがしっかりと機能している病院の評価基準の1つになるのです。

 

・では病院を選定しよう

上記でも説明したようにプリセプターがしっかりとした病院を探すためには、チーム教育がしっかりしている病院を探すことです。そのためには看護師転職サイトのキャリアコンサルタントへ相談することをおススメします。そうすることで、キャリアコンサルタントがチーム教育をしっかりとしている病院を見立てて、あなたに伝達してくれることでしょう。その結果を踏まえた上で病院選びをしてみるのも1つの方法かもしれません。

 

まとめ

看護師として転職し環境を変えることは誰しも勇気がいるものです。特に医療の現場は人の命を預かる場所です。なので、自分が働く上で教育環境がしっかりとした場所を選びたい気持ちは誰しも同じです。その為にも自分が少しでも働きやすい病院を探す為に思い切って看護師転職サイトを利用して情報を集めてみることが先決であると思います。自分の勇気1つで働く環境はいくらでも探すことができます。後はあなたの踏み出す勇気1つで未来は変わっていくのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*