中途採用で大学病院に勤務することは出来ますか?

中途採用で大学病院に勤務することは出来ますか?

 

病院には様々な診療科があります。そして、診療科の他にも病院としてそれぞれの機能があります。急性期病院・回復期病院・療養病院それぞれに異なった機能を持った病院なのです。このように一般病院にもそれぞれ機能はありますが、大学病院はこの一般病院とはまた違った役割を果たしているのです。大学病院が他の病院とどういった面で違うのかまた「大学病院で看護師として働いてみたいけど、どうすればいいの?」と思った方の為に、ここでは大学病院の機能と看護師として勤めるにはどうすればいいのかを記述していきたいと思います。

 

・大学病院の看護師の特徴は?

大学病院の特徴は、圧倒的なマンパワーです。医療と看護を含めた医薬分業がしっかりとしています。そのため、看護師として勤めた時には看護業務以外の仕事はほとんどないのです。その分、本来の仕事である看護業務に力を注ぐことができます。特に大学病院は最先端な高度な医療についての知識や技術を高める機会が必然的に多くなります。また、大学病院は一般病院からすると診療科が多いのも特徴的です。なので、幅広い知識を習得することができるのです。

こうした点からも想像がつくとは思いますが、大学病院で働いている看護師はキャリアアップをしたいと思う看護師が向いていると言えます。上記でも書いたように大学病院ではとにかく「学ぶ」知識量が膨大です。そして、大学病院は特に教育システムに力を入れているのが特徴的です。なので、大学病院で働いている看護師は専門看護師・認定看護師の資格取得などを目指したい方には向いていると言えるのです。

 

・大学病院で働いてみたけど、中途採用してもらえるの?

「大学病院で最先端の医療を学びたい」「教育システムがしっかりしている大学病院で働きたい」と大学病院で働きたいと思った方の動機は人それぞれだと思います。

では、実際に大学病院で働くためには何が必要なのか?

大学病院だからと言って、特段必要なものはありません。強いていうのであれば、看護師免許とやる気です。大学病院も他の一般病院同様に経験者を欲している傾向にあります。経験者の方は「即戦力」になるため、大学病院でも貴重な存在なのです。大学病院では「中途採用枠」の求人があります。「大学病院に中途で入ってもやっていけるかな?」と不安に思うかもしれませんが、大学病院こそ「教育」システムが整った病院と言えます。もちろんプリセプター制度もしっかりとしているため、中途採用でもしっかりとした教育のもと着実にスタップアップしている環境であると言えます。

 

・では、大学病院に勤めるにはどうしたら良いのか?

まず、上記でも書いたように大学病院は一般病院と比べると働く環境としては少し異なります。なので、自分が何を求めて大学病院で働きたいのか?を明確にした方が良いでしょう。先進医療を学びたいのか?それとも看護師としてステップアップしたいのか?

他の病院と違う大学病院だからこそ、自分に向いているのか分からなくなり悩むこともあるでしょう。そんな時は看護師の転職相談のプロに相談してみることをおススメします。看護師転職サイトのコンサルタントであれば、個人の悩みや条件・スキルの応じた個人の適正に見合った職場を選定してくれます。その上で自分が大学病院で働くのが向いているのか、それとも不向きなのか専門家に相談して評価してらっても良いかもしれませんね。専門家の意見も参考にしつつ進路を決めても決して遅くはないと思います。参考程度でもいいので、活用してみることをおススメします。

 

まとめ

大学病院で働くことは確実に自分の力になることは間違いないでしょう。それは看護師に限らず、リハビリスタッフ(PT・OT・ST)や検査技師などの他職種も同じことが言えます。ただ、大学病院だからというネームバリューで進路を決めるのではなく、大学病院だからこそ何がしたい・できるという視点を明確にすることで着実に自分のスキルアップに繋がることでしょう。最先端の医療を学び、未来へ繋がる仕事ができれば充実した日々になることでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*