ハローワークで中途採用してもらう事は可能?

看護師として転職を考え、いざ仕事を探そうと思ったとき。初めに思いつくのがハローワークではないでしょうか?確かにハローワークは厚生労働省が運営している無料職業案内所なので、安心して仕事を探すことはできます。各都道府県に所在しているため、最寄りのハローワークへ行けば簡単に仕事を探すことができます。

今回は看護師として転職を考えている転職者がハローワークで仕事を探すための方法を簡単に解説していきたいと思います。

 

・転職しようと思い立ちハローワークへ

まず、ハローワークとは公共職業安定所のことを指します。安定した雇用機会を提供するための行政機関になります。全国にたくさんの窓口が存在しているため、比較的利用しやすいのが特徴です。

では、実際に「ハローワークを利用してみよう!」と思ったときに、どのような段取りで利用できるのかを簡単に解説していきます。

ハローワークへ行った時にまず行うのが‘求職者登録’です。求職者登録とは、氏名・生年月日・職場の希望・保有資格・前職の記載を行い簡単なプロフィールを作ります。

それが完了すれば、パソコン番号がもらえるので、指定された番号のパソコンから仕事を探すという流れになります。なので、ハローワークを活用して仕事を探すのは非常に簡単なのです。

 

・ハローワークから面接までの流れ

ハローワークの求人で自分が探している条件に合った仕事を見つけることができたならば、今度はその求人票をプリントアウトして窓口に持っていきます。そして「ここを受けたい」旨を窓口担当者へ伝達すると、窓口担当者から直接その病院へ連絡をして、面接日と面接に必要なものを確認してくれるのです。そこまでは、ハローワークで段取りを取ってくれるので、あとは指定された日に面接へ行き、合否を受けるという流れになります。

ハローワークを活用した職場探しは上記の流れになりますが、ハローワークでは求職者のために一般的な履歴書の書か方や面接講座を行い、面接のノウハウをレクシャーする取り組みも行っています。こうした取り組みに参加してみても良いかもしれませんね。

 

・実際にハローワークで就職できるのか?

上記でも述べたようにハローワークから仕事を探して面接を受けることはそこまで難しいことではありません。ただ、ここで注意してもらいたいのがハローワークの求人は大体のところが給料や休みなどの雇用体系しか記載していない求人が多いということです。ハローワークの職員に「ここの病院て雰囲気どんな感じなんですか?」「新人教育はしっかりしている病院なんですか?」と病院ごとの個別の相談をしても求職者の求める返事は返ってこないでしょう。その理由は、ハローワークは看護師に特化しているわけではなくあくまでも他の職種全般の職業案内を行っているところです。なので、ハローワークの職員は就職・転職の総合的な面接に対することや履歴書のことは教えてくれますが、病院や会社の個別のことまでは把握していないのが現状です。

「じゃあ、給与や勤務体制以外のことを知るにはどうしたらいいの?」と思った方は‘看護師転職支援サイト’を利用することをおススメします。

看護師転職支援サイトならば、担当のキャリアコンサルタントが病院別の実情も加味した情報を求職者へ提供し、あなたの求めている情報を提供してくれることでしょう。

 

・まとめ

ハローワークで仕事を探す方法でも仕事は見つかるとは思います。ですが、ハローワークだとどうしても細かい実情までは把握していないのが現状です。

なので、看護師として転職を考えているのであれば、ハローワークとは別に看護師転職支援サイトを利用してみるのも1つの方法ではあると思います。ハローワークでどのような求人が出ているのか確認した後看護師転職支援サイトでも求人を確認し比較してみてもよいかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*