2015年 11月 の投稿一覧

看護師は働きながら中途採用の就職活動はできる?期間の平均は?

働きながら就職活動をすることは可能?転職までの期間の平均はどれくらい?

 

看護師として転職を考えている方には2つのパターンがあります。1つ目は、現職を辞めてから仕事を探す。2つ目が現職の仕事をしながら仕事を探すという方法です。1つ目の現職を辞めて仕事を探す方法は、仕事を辞めているわけですから、時間にとらわれることなく転職活動を行えるので、心理的なストレスも比較的少ないです。ですが、収入がない状況での転職活動になるので、仕事をしている時にある程度の貯金をするなどの計画性が必要にはなってきます。そして、2つ目に挙げた仕事をしながらの転職活動。「看護師として仕事をしながら本当に転職活動ってできるの?」と疑問に思う方も多いと思います。なので、今回は看護師として仕事をしながら転職活動ができるのか?について記述していきます。

 

・看護師という仕事をしながらの転職活動

看護師として働きながら転職活動をする時に最も苦労することが「時間」です。看護師の仕事は‘早番’‘日勤’‘遅番’‘夜勤’と変則勤務のところがほとんどです。パート労働者や日勤だけの看護師は別ですが。つまり、変則勤務ということは時間を工面するのも一苦労なのです。自分で時間を見つけては仕事を探して、仕事が見つかったらアポをとって、休みを取りながら面接に行くとなると、時間的な余裕が本当にない状況で転職活動をすることになります。また、転職活動をしながらも現職の仕事ももちろんあるわけですから、体にも負荷がかかってしまうのです。

 

・心理的なストレスも

現職をしながら転職活動を行っている中で、更に大変なのが「職場に秘密にしてるけど、バレないかが不安…」といった声もあります。確かに転職活動は基本的に隠密に行うもの。同じ業界であれば特に「バレていないか…」と不安に思う方も多いでしょう。そういった心理的なストレスに加え、先ほども述べたような時間の余裕・身体的な疲れも加わり心身共に疲弊してしまいます。「じゃあ、どうしたらうまく転職活動ができるの?」となった時にどうすれば良いのか。

こうした在職中の転職活動サポートしてくれるのが看護師転職支援サイトです。看護師転職支援サイトにはキャリアコンサルタントなどの専門職の方が在籍しているので、転職希望病院との面接日程の調整や転職に関する面倒な手続きをサポートしてくくれるのです。

 

・看護師の転職に有する平均的な期間

看護師の転職に必要とする期間は平均すると2カ月程度になります。もちろん、これには個人差があります。明確な目標がある人つまり「どうしてもこういった病院に就職したい」と強い願望がある人は大体1カ月程度の期間で転職先が決まります。ですが、明確な目標がなく「どこにしようかな」と言いつつ毎回希望先が変わるよう方に関しては、長い方だと半年程の期間を有する場合もあります。早く転職先が決まるに越したことはありませんが、なかなかきまらないケースもあるのです。また、在職しながらの転職は本当に色んな方面でストレスが溜まり心身共に疲弊してしまうものです。そうした状況を少しでも改善できるように早い段階から看護師転職支援サイトを活用して、スムーズな転職活動ができるようにするのも1つの方法ではあります。

 

・まとめ

転職活動は看護師に限らずどの職種でも心理的な負担や身体的な負担があるものです。そうした負担を少しでもなくした状況で転職活動ができた方がいいですよね。負担を軽減するべく活用できるものがあれば、しっかりと活用して自分にとって転職活動がしやすい環境作りをしていくことも大事なことです。

転職コンサルタントから中途採用先を紹介してもらう事は可能?

転職コンサルタントに中途採用先を紹介してもらう事は可能?

 

看護師として転職を考えた時に、求人検索から面接日程の調整など、仕事をしている人であれば仕事と就職活動と心身にかかるストレスは大きなもの。このような負担を少しでも軽減したいと思ったときに活用できるのが転職支援サイトを活用した転職コンサルタント。転職コンサルタントは、相談や情報提供または面接日の調整などの転職に関する多岐に渡る業務を行ってくれます。

ここでは、転職コンサルタントとは具体的にどのようなことをしてくれるのかまた、転職コンサルタントを利用して本当に採用されるのかを記述していきたいと思います。

 

・転職コンサルタントを利用したい時

転職コンサルタントとは基本的に転職支援サイトで転職者へアドバイスをしてくれる人のことを言います。主な業務は、相談・情報提供または先方との連絡関係が主な業務になっているのです。では実際に転職コンサルタントを活用したいと思った時にどのようにすればよいのか?

まず、看護師の転職支援サイトは多岐に渡り存在します。転職者は、どの転職支援サイトを活用するのかを決めなければならないのです。次に利用する転職支援サイトが決まったら、会員登録を行うのが一般的な流れになります。

その後、転職者の転職を支援する担当コンサルタントが配置されるので、その配置されたコンサルタントへ転職の相談をしていく流れになるのです。

 

・転職支援サイトを利用する際に気を付けること

まず、気を付けてもらいたいのが転職支援サイトで「お金」を請求してくるサイトです。会員登録料や紹介料などと最もらしいことを言って金銭を請求することは原則禁止されています。職業紹介事業者が職業紹介に係る手数料を請求することは職業安定法で禁じられているのです(一部例外あり)。

基本的に転職支援サイトは無料で活用することができるため、何かしらの形でお金を請求された時には「なんか怪しい。」「このサイト大丈夫かな」と疑惑の目を持つことが大切です。失敗しない転職をするのであれば、時には洞察力も必要になってきます。

 

・注意すべきコンサルタントの特徴

転職活動は誰しも失敗したくはないもの。失敗しないためには転職コンサルタントの質が非常に大きな大役を果たしているもの。特に以下のようなコンサルタントには注意すべきです。

・求人を強引に進め、結果をせかす

・希望条件ではない求人ばかりを進めてくる

・嫌な顔をしたり冷たい態度をとる

・サイトを退会するのを必要以上に引き留める

 

・転職コンサルタントを活用して就職できるものか

上記でも記したように、転職支援サイトに会員登録完了後には担当コンサルタントが配置されます。担当コンサルタントは転職者の希望条件またはキャリアプランを共有することでサイト独自に管理している「非公開求人」の中から、転職者自身に合った求人を案内してくれるのです。なので、転職コンサルタントへ相談し、自分に合った求人を提案してもらうのも1つの手段ではあります。自分で自分に合った求人を探すのはなかなか難しい側面もあります。一般求人だとどうしても細かいところ、つまり実情までは把握できていないのがほとんどです。ですが、転職コンサルタントが提示する求人はほとんどの所が実情まで考慮した上で求人を提案してくれます。

 

・まとめ

転職活動を行う上で最も大切になってくるものは情報です。その転職に関する情報をより多く持っているのが転職コンサルタントです。いわば転職のプロなので、自分が希望したいことを担当コンサルタントと情報共有することで、自分にあった仕事が見つけやすくなることでしょう。「けど、利用したことがないから大丈夫かな?」「本当にいい求人を提案してもらえるのかな?」と最初は不安に思う気持ちも分かります。ですが‘とりあえず利用してみる’というスタンスで1歩を踏み出してみると、案外すんなりと転職先が決まってしまうものですよ。

中途採用で大学病院に勤務することは出来ますか?

中途採用で大学病院に勤務することは出来ますか?

 

病院には様々な診療科があります。そして、診療科の他にも病院としてそれぞれの機能があります。急性期病院・回復期病院・療養病院それぞれに異なった機能を持った病院なのです。このように一般病院にもそれぞれ機能はありますが、大学病院はこの一般病院とはまた違った役割を果たしているのです。大学病院が他の病院とどういった面で違うのかまた「大学病院で看護師として働いてみたいけど、どうすればいいの?」と思った方の為に、ここでは大学病院の機能と看護師として勤めるにはどうすればいいのかを記述していきたいと思います。

 

・大学病院の看護師の特徴は?

大学病院の特徴は、圧倒的なマンパワーです。医療と看護を含めた医薬分業がしっかりとしています。そのため、看護師として勤めた時には看護業務以外の仕事はほとんどないのです。その分、本来の仕事である看護業務に力を注ぐことができます。特に大学病院は最先端な高度な医療についての知識や技術を高める機会が必然的に多くなります。また、大学病院は一般病院からすると診療科が多いのも特徴的です。なので、幅広い知識を習得することができるのです。

こうした点からも想像がつくとは思いますが、大学病院で働いている看護師はキャリアアップをしたいと思う看護師が向いていると言えます。上記でも書いたように大学病院ではとにかく「学ぶ」知識量が膨大です。そして、大学病院は特に教育システムに力を入れているのが特徴的です。なので、大学病院で働いている看護師は専門看護師・認定看護師の資格取得などを目指したい方には向いていると言えるのです。

 

・大学病院で働いてみたけど、中途採用してもらえるの?

「大学病院で最先端の医療を学びたい」「教育システムがしっかりしている大学病院で働きたい」と大学病院で働きたいと思った方の動機は人それぞれだと思います。

では、実際に大学病院で働くためには何が必要なのか?

大学病院だからと言って、特段必要なものはありません。強いていうのであれば、看護師免許とやる気です。大学病院も他の一般病院同様に経験者を欲している傾向にあります。経験者の方は「即戦力」になるため、大学病院でも貴重な存在なのです。大学病院では「中途採用枠」の求人があります。「大学病院に中途で入ってもやっていけるかな?」と不安に思うかもしれませんが、大学病院こそ「教育」システムが整った病院と言えます。もちろんプリセプター制度もしっかりとしているため、中途採用でもしっかりとした教育のもと着実にスタップアップしている環境であると言えます。

 

・では、大学病院に勤めるにはどうしたら良いのか?

まず、上記でも書いたように大学病院は一般病院と比べると働く環境としては少し異なります。なので、自分が何を求めて大学病院で働きたいのか?を明確にした方が良いでしょう。先進医療を学びたいのか?それとも看護師としてステップアップしたいのか?

他の病院と違う大学病院だからこそ、自分に向いているのか分からなくなり悩むこともあるでしょう。そんな時は看護師の転職相談のプロに相談してみることをおススメします。看護師転職サイトのコンサルタントであれば、個人の悩みや条件・スキルの応じた個人の適正に見合った職場を選定してくれます。その上で自分が大学病院で働くのが向いているのか、それとも不向きなのか専門家に相談して評価してらっても良いかもしれませんね。専門家の意見も参考にしつつ進路を決めても決して遅くはないと思います。参考程度でもいいので、活用してみることをおススメします。

 

まとめ

大学病院で働くことは確実に自分の力になることは間違いないでしょう。それは看護師に限らず、リハビリスタッフ(PT・OT・ST)や検査技師などの他職種も同じことが言えます。ただ、大学病院だからというネームバリューで進路を決めるのではなく、大学病院だからこそ何がしたい・できるという視点を明確にすることで着実に自分のスキルアップに繋がることでしょう。最先端の医療を学び、未来へ繋がる仕事ができれば充実した日々になることでしょう。

新卒が中途採用枠で看護師の採用試験を受けることはできる?

新卒が中途採用枠で採用試験を受けることはできる?

 

看護学校を卒業後にそれぞれに進む道は異なります。病院へと就職する人もいれば施設に就職する人もいるのは当然のことです。がしかし、入職してから仕事が合わずに1年未満で退職してしまう人も数多くいるのです。その背景には、看護師とは人の健康を管理する仕事です。患者からしてみれば、1年目だろうが熟年看護師だろうと関係はありません。そういった環境ということもあり、先輩看護師やプリセプターは時に厳しく指導を行うことがあるのです。つまり看護の現場の現実を知ってしまい挫折し半年~1年程度で退職してしまうのです。では、1度挫折してしまった看護師が新たに再就職を考えたときに採用してもらえるものなのか?また、新たに第2新卒者という形で採用試験を受けることができるのか?について記述していきます。

 

・新人看護師が現場に挫折するケース

新人看護師が1年未満で仕事を辞める理由は主に以下の理由が挙げられます。

・夜勤や残業に加えて研修会などに渡る激務に耐えられない

・自分に看護師は向いていないと感じた

・人間関係がうまくいかず、先輩にいじめられる

・プリセプターや先輩の厳しい指導に耐えられず心の病にかかる

・希望しない部署へ移籍し、やる気を感じることができない

 

新人看護師は、若く体力もあり独身の方が多いことからも夜勤のある部署へ優先的に移動させられるケースが多いのです。また、看護師の新卒時代は特に研修が多く、日々の業務に加えて休みの日まで研修に参加し、あまりの多忙さについていけずに体調不良になるケースが非常に多いのです。

 

・1度諦めた看護師の道を再チャレンジすることは可能なのか?

半年~1年未満という短い期間に退職してしまうと確かにそこはよく評価はされません。ですが、また看護師の世界に戻りたいと強く願う気持ちがあれば受け入れ先はたくさんあります。

当然のことですが、1年未満で退職したという事実を厳しく評価されてしまうこともありますが、今の時代看護師不足が深刻な状況に陥っています。そういった背景もあることから1度つまづいてしまってはいるものの、また看護師の世界で仕事がしたいという強い気持ちを伝えることができれば、その気持ちを尊重してくれる病院または施設はたくさんあります。諦めない限り転職活動をすることで、第2新卒者として採用してくれるところはたくさんあるのです。

 

・失敗したくない第2新卒者としての道

1度つまづいて失敗しているからこそ、2度目は失敗したくないと思う気持ちは強いものです。1度失敗しているからこそ、次にどのような職場を選べばいいのか分からない方もいることでしょう。そのような方は1度、看護師転職支援サイトの担当コンサルタントへ相談してみても良いかもしれません。

担当コンサルタントは、現在の転職者の状況からどのような病院形態または施設なら向いているかなどを転職者の希望も合わせて評価してくれます。専門家に相談して、転職先を決めてみるのも1つの方法ではあります。

 

・まとめ

1度つまづいてしまって、再度立ち上がるときは誰しもキツイものです。心身共に頑張りどきです。その状態のときに共に考えてくれる専門スタッフがいると心強いものです。1度失敗しているからこそ、同じ失敗を繰り返したくない気持ちは人一倍だと思います。時には‘なにくそ根性’で前に向かって突き進むことも大切です。それを支援してくれる看護師支援サイトはあなたの強い味方になることでしょう。その意気込みをきっと後押ししてくれます。

看護師は未経験でも中途採用してもらえるの?

看護師は未経験でも中途採用してもらえるの?

 

学校を卒業後に看護師資格は取得したものの病気や怪我で就職できなかったり、家族の介護などの家庭事情はたまた、医療業界ではなく違う業界に就職したりと資格は持ってはいても看護の実務未経験の方も以外と多いのです。そういった方が、未経験者として病院などで看護師として本当に働くことができるのか?気になるところではあると思います。今回は未経験だけど看護師として働くことができるのか記述していきたいと思います。

 

・深刻な看護師不足の影響もあって

看護師国家試験に合格し看護師の資格を取得する人は毎年約5万人と言われています。ですが、現在の日本国内では看護師が5万人不足しているとも言われています。それを実証するかのように看護師の有効求人倍率は2.8%とかなりの高水準を示唆しているのです。つまり、看護師の資格を取得していれば未経験であろうと就職先は豊富にあるのです。なので、看護師資格さえ取得していれば未経験者であろうと就職先はあるのです。

 

・臨床未経験が故の不安

看護師資格を取得後、看護師として働かなった方が医療の現場に行くとなると「本当に大丈夫だろうか」と不安になる方も確かに多いです。確かにそうだと思います。医療の現場は人の体を直接管理するわけですから、当然責任があります。それ故に心理的なハードルも高くなるものです。ですが、先ほども言ったように現代の医療現場は未経験であろうが看護師を欲している病院はたくさんあるもの。だからこそ、病院全体として未経験者の方に対応するべく、教育・研修制度を充実させているのです。大きな病院に関しては特にそういった研修が充実していると言えます。では、中小の病院は研修がないのかと言ったらそうではありません。中小規模の病院でもマンツーマンで新人教育をする‘プリセプター制度’を活用することで、新人教育に力を入れているところが多いのです。もちろん大規模な病院は研修に加えてプリセプター制度を活用しているところが多いです。このように、病院側としても看護師確保のために臨床未経験者を採用するための策を立てているのです。

 

・未経験者としての病院選び

臨床未経験の方が病院を選ぶ時に気になるのがやはり新人教育です。先ほども述べたように、教育研修やプリセプター制度がしっかりとしたところに就職したいのは誰しも考えることは同じ。では、そういった環境が整備されている病院を選ぶにはどうのようにしたら良いのか?まず、おススメしたいのが、看護師転職サイトを見ることです。看護師転職サイトは看護師が転職する際に必要としている病院の情報が一般求人に書かれていないところまで詳細に書いてあるので大変参考になります。それでも、概要をつかめない時には看護師転職サイトのキャリアコンサルタントへ相談して、斡旋してもらった方がいいでしょう。内部の実情や情報を1番持っているので教育制度が整っている病院を紹介してもらえることでしょう。

 

・まとめ

未経験で新しいことを始めるのは看護師に限定したことではなくとも、どの職種であっても心配はつきものです。なので、自分で情報を集めたりコンサルタントへ相談することで自分が不安に思っていることを少しづつ解消していく必要があります。不安が少しでも解消され「よしっ。やってみよう」と思えた時には勇気をもって始めてみてもいいかもしれません。何かを始めるのには確かに勇気が必要です。ですが、始めたからこそ見える景色もきっとあると思います。良いことも悪いことも決して無駄にはならないはずです。今がその1歩を踏み出す時かもしれませんね。

 

 

看護師は結婚・育児をしていても中途採用してもらえるの?

看護師は結婚、育児をしていても中途採用してもらえるの?

 

看護師として働く中で結婚や育児を機に退職や転職を考える方は多いです。確かに看護師として仕事をしながら家庭の両立ができるものなのか?不安に思う方も多いとは思います。

特に急性期の病院などは仕事内容もハードなところが多いため、結婚・育児を機に転職を考えるケースが多いようです。

結婚や出産・育児は看護師が転職を考える大きなポイントになるため、ここでは自分にとってどのようにしたらベストな働き方を選べるのか参考になる情報を提供していきたいと思います。

 

・結婚や出産を考えて就職するなら計画的に

看護師として働く上で結婚・出産と、多くの方がこの問題に直面しています。基本的に大規模な病院に勤めている看護師を見た時にどのような対処をしているのかが分かります。

一般的に大病院などは、託児所を設けて看護師の出産・育児に対応できるようにしているところが多いです。特に理解のある病院ですと2人目、3人目の妊娠でも受け入れてくれるケースが多いです。

子どもは急に熱を出したりとイレギュラーなことの連続です。ですが、こうした理解のある病院に勤めていると平日・日勤のみの対応にしてくれたりと大変融通が利きます。こうした点からも結婚して出産をしても働きやすい環境が整備してある病院に勤めることで仕事と家庭の両立がしやすくなるものです。また、同じ病院で出産後も働けることで新しい環境に慣れるためのストレスなどを抱えなくて良い所もメリットの1つではあります。なので、先のことを見越した上でこうした環境が整備してある病院を選ぶことをおススメします。

 

・出産を機に転職を検討する場合

結婚・出産を機に転職を考えるケースも少なくありません。その理由は「今の病院勤務だと忙しくてとても仕事と家庭の両立は困難と感じた」などの理由で転職を検討される方が多いです。そう感じた時にはまず職場に相談してみてください。例えば、勤務体系の変更の申し出などを上司に相談し自分が働きやすい環境にできないか検討してもらうのです。もし、その提案を承諾してもらえれば、職場を変えることなく無駄なストレスを抱くこともありません。出産して育児をするということは母としての葛藤やストレスは誰しも起こり得るもの。職場の理解をえて、少しでも心理的なストレスの軽減が図れるのであればそれにこしたことはありません。ですが、どうしても職場の理解が得られないケースもあることでしょう。そのような時には、自分が何を条件にして仕事を探したいのか?育児優先でも雇ってくれるところを探すのか?を明確に、看護師転職サイトなどのキャリアコンサルタントに相談してみた方がよいでしょう。

・結婚・出産後の働き方の相談は看護師転職サイトへ

結婚や出産・育児を機に転職を考えた時に自分が何を優先したいのか明確になったらまずは看護師連職サイトやナースバンクへ相談してみてください。

育児や家庭を優先したいのであれば、その旨を看護師転職サイトのキャリアコンサルタントへ伝えることで条件に見合った職場を紹介してくれることでしょう。また、結婚や育児は少し先だけど今のうちからそういった問題に直面した時のことを考えて、理解ある職場を探したいという方も相談してみても良いかもしれませんね。

 

まとめ

結婚・出産・育児は看護師として女性として誰しも直面する可能性がある問題です。仕事をしながら家庭も両立させるためにはどうしも周りの協力が必要になってきます。そうした時に職場の理解があるのって凄く力にもなるし、何よりもうれしいですよね。理解ある職場で働きながら看護師としてのスキルを高めつつ、家庭では立派な母になる為にも今後の職場選びは重要になってきます。

自分が望む環境は探せばきっと見つかるはずです。今後の人生設計のために自分に合った職場を見つけて安心して働けるといいですね。

看護師の中途採用はブランクがあっても大丈夫なの?

看護師の中途採用はブランクがあっても大丈夫なの?

 

看護師の仕事は基本的に重労働です。病院に勤務している看護師の方は特に命に関わる部分が多いことから責任を伴います。なので、結婚や出産を機に現場から離れた看護師がまた復職するとなると「本当に大丈夫だろうか?」と不安な気持ちになる人が大多数です。医療の現場は常に発展し、色々な薬や医療機器が現場に導入されています。その中にまた飛び込んで仕事をする時に「新しい医療機器や薬に対応できるだろうか?」と思うこともあるでしょう。しかし、現場のスタッフもその気持ちは同じです。新しいものを始めたり、取り入れたりする時は誰しも不安なものです。今回はそういったブランクがあっても看護師として復職ができるのかについて記述していきます。

 

・ブランクがある看護師を採用してくれるものなのか?

看護師として復職を考えたときに考えるのが、ブランクがあっても採用してもらえるのか?といことではないでしょうか。ブランクがあるからと言って採用してもらえないということは決してありません。近年では、ブランクのある看護師に対して入職時に医療機器の説明であったり、点滴・採血の方法を丁寧に教えてくれる初任者研修を行っている病院が大体数です。また、出産をした看護師であれば夜勤が出来ない方も多いです。そういった方に関しては、夜勤はなしの日勤のみで対応している病院もかなりの数あります。日勤専門看護師や夜勤専門看護師もいるので、そこは心配する必要はないでしょう。面接時に「日勤のみで」という意志を伝えておけば、対処してくれることでしょう。

 

また、病院にこだわらなければ介護施設の看護師として働いてみるのも1つの手ではあります。介護施設も看護師を配置しないといけないので看護師の需要はあります。病院との違いは、医療行為が少ないことです。介護施設は基本的に病状が安定している方が入居しているケースが多いので、基本的に医療行為は少ないです。また介護施設であれば病院よりものんびりしている所が多いので、ブランクがる看護師でも馴染みやすい環境ではあります。

 

・現代では病院に看護師不足が深刻な問題に

今の時代看護師不足は深刻な問題となっています。特に地方に行くとその問題は著名です。病院の病床基準の為に看護師の配置人数は法律で決められているにも関わらず、その配置基準の看護師を獲得できない病院も出てきている程なのです。なので、病院側としても例えブランクがあったとしても看護師として働いてくれるのであれば喉から手が出る程人材を欲しがっている病院も少なくはないのです。また、地方の病院に行けば看護師を紹介してくれた方に対して紹介料を支払っているところもある程、看護師不足は深刻な問題になっているのが実情なのです。「ブランクがあっても採用してもらえるかな?」と不安になっている方も多いとは思いますが、病院側としても看護師の確保に必死になっている実情を考えれば復職自体はやる気があればいつでも働く場所はあるということです。

 

・ブランクがある看護師としての心構えも重要!

上記でも記述したように看護師として働く場所は結構な数存在します。ブランクがあっても就職先に困ることは決してないでしょう。ただ、ブランクのある看護師として働くのであれば心構えは重要になります。例え、前職で最先端の医療を取り扱っている病院でバリバリ仕事をしていた方であろうが、主任クラスの仕事をしていた方であろうが、自分にはブランクがあることや看護師としての技術が古いことを認識した上で謙虚な学ぶ姿勢を大事にしなければなりません。謙虚な学ぶ姿勢で仕事に取り組むことで、現場の雰囲気にも早い段階で馴染むことができることでしょう。今の医療は多種目連携が非常に重要なキーワードになっています。なので、看護師同士のみならず色々な部署との連携というのも業務に入ってきます。ブランクがあって不安な気持ちも少なからずあると思います。ですが、学ぶ姿勢を大切にすることでブランクがあろうと周りは高い評価をし、自分にとって働きやすい環境になることでしょう。

 

・まとめ

看護師として復職するとき不安な気持ちは誰しもあるものです。むしろ「不安なんてない。自分ならどこに行ってもやれる」という傲慢さを持っている方が周りから見たら不安に思われるものです。その「大丈夫かな?」とい謙虚な姿勢を持って仕事に取り組めばブランクがあろうと周りは絶対に評価してくれます。看護師としてあなたが働いて輝ける場所は全国各地どこにだってあります。人の為、医療の為に今一度あなたの看護師としてのスキル活かしてみてはいかがでしょうか?

看護師の中途採用でプリセプターがついている病院を選ぶには?

看護師の中途採用でプリセプターがついている病院を選ぶには?

 

看護師として他の病院へ転職するのは勇気がいるものです。病院を変えると病院の機能も違えば、もちろん診療科も変わります。また、病院の方針も働く上で重要になってきます。そんな時、新しい環境で必要になるのがプリセプターです。新しい職場にしっかりとしたプリセプターがいるだけで働きやすさは段違いです。今回は看護師として転職する時にプリセプターがしっかりしている病院なのか選定するための情報を簡潔に説明していきます。少しでもあなたの転職活動にプラスになる情報を提示できたらと思います。

 

・プリセプターとはどんな人?

プリセプターとは、新人看護師(中途採用の1年目も含む、以下プリセプティーとする)の指導・教育を行う看護師を指します。このプリセプターは大体のところが看護師として主に2年~4年目の看護師がこれに該当します。主に同じ病院で2~4年務めている人をこのプリセプターに起用する病院が多いです。役割としては、約1年間(各病院で期間は異なる)の細かい指導内容が事前に決められておりプリセプティーが1人前の看護師として自立できるように計画を立て・実施する教育者となるのです。

 

・プリセプターがついている病院とは?

上記でも説明したように新人看護師にとって、プリセプターの役割は自身が働く上で大変重要なものになってきます。ですが、転職をする時にプリセプターがしっかりしているのかなどは分からないものです。病院の中身が分かるのは、その病院内で働いている人にしか分からないもの。では、どうすればプリセプターがしっかりと機能している病院なのか?と選別する方法を紹介したいと思います。

まず、活用して欲しいのが看護師転職サイトです。一般的な求人を見ても分かるように看護師に対する教育システムを事細かに書いている求人は殆ど皆無です。一般的な求人は給料や休みのことしか書いていません。ですが、看護師転職サイトであれば、各病院の教育システムについて説明している病院もたくさんあります。看護師転職サイトのキャリアコンサルタントであれば病院内の情報を熟知しているものです。そのキャリアコンサルタントにプリセプターがしっかりしているのか確認するのが1番確実な方法になります。

 

・プリセプターがしっかりしている基準とは?

では、プリセプターがしっかりとしている病院とはどのような病院なのか?

現代の病院では大体のところがプリセプターを活用した‘プリセプターシップ’を活用して新人看護師の育成に力を入れています。特にこのプリセプターがしっかりとしている病院の特徴として‘チーム教育’がしっかりしている点が挙げられます。プリセプターシップのデメリットして、担当のプリセプターと肌が合わなかった時にそのプリセプターに一任するのではなくチーム教育として他の看護師がフォローに入ることでチーム教育として新人看護師の教育・フォローを行うのです。そうすることで、プリセプターの責任を軽減しつつプリセプティーの心理的な負担の軽減にも一役買うことができるわけです。こういった‘チーム教育’がしっかりしているところはプリセプターがしっかりと機能している病院の評価基準の1つになるのです。

 

・では病院を選定しよう

上記でも説明したようにプリセプターがしっかりとした病院を探すためには、チーム教育がしっかりしている病院を探すことです。そのためには看護師転職サイトのキャリアコンサルタントへ相談することをおススメします。そうすることで、キャリアコンサルタントがチーム教育をしっかりとしている病院を見立てて、あなたに伝達してくれることでしょう。その結果を踏まえた上で病院選びをしてみるのも1つの方法かもしれません。

 

まとめ

看護師として転職し環境を変えることは誰しも勇気がいるものです。特に医療の現場は人の命を預かる場所です。なので、自分が働く上で教育環境がしっかりとした場所を選びたい気持ちは誰しも同じです。その為にも自分が少しでも働きやすい病院を探す為に思い切って看護師転職サイトを利用して情報を集めてみることが先決であると思います。自分の勇気1つで働く環境はいくらでも探すことができます。後はあなたの踏み出す勇気1つで未来は変わっていくのです。

ハローワークで中途採用してもらう事は可能?

看護師として転職を考え、いざ仕事を探そうと思ったとき。初めに思いつくのがハローワークではないでしょうか?確かにハローワークは厚生労働省が運営している無料職業案内所なので、安心して仕事を探すことはできます。各都道府県に所在しているため、最寄りのハローワークへ行けば簡単に仕事を探すことができます。

今回は看護師として転職を考えている転職者がハローワークで仕事を探すための方法を簡単に解説していきたいと思います。

 

・転職しようと思い立ちハローワークへ

まず、ハローワークとは公共職業安定所のことを指します。安定した雇用機会を提供するための行政機関になります。全国にたくさんの窓口が存在しているため、比較的利用しやすいのが特徴です。

では、実際に「ハローワークを利用してみよう!」と思ったときに、どのような段取りで利用できるのかを簡単に解説していきます。

ハローワークへ行った時にまず行うのが‘求職者登録’です。求職者登録とは、氏名・生年月日・職場の希望・保有資格・前職の記載を行い簡単なプロフィールを作ります。

それが完了すれば、パソコン番号がもらえるので、指定された番号のパソコンから仕事を探すという流れになります。なので、ハローワークを活用して仕事を探すのは非常に簡単なのです。

 

・ハローワークから面接までの流れ

ハローワークの求人で自分が探している条件に合った仕事を見つけることができたならば、今度はその求人票をプリントアウトして窓口に持っていきます。そして「ここを受けたい」旨を窓口担当者へ伝達すると、窓口担当者から直接その病院へ連絡をして、面接日と面接に必要なものを確認してくれるのです。そこまでは、ハローワークで段取りを取ってくれるので、あとは指定された日に面接へ行き、合否を受けるという流れになります。

ハローワークを活用した職場探しは上記の流れになりますが、ハローワークでは求職者のために一般的な履歴書の書か方や面接講座を行い、面接のノウハウをレクシャーする取り組みも行っています。こうした取り組みに参加してみても良いかもしれませんね。

 

・実際にハローワークで就職できるのか?

上記でも述べたようにハローワークから仕事を探して面接を受けることはそこまで難しいことではありません。ただ、ここで注意してもらいたいのがハローワークの求人は大体のところが給料や休みなどの雇用体系しか記載していない求人が多いということです。ハローワークの職員に「ここの病院て雰囲気どんな感じなんですか?」「新人教育はしっかりしている病院なんですか?」と病院ごとの個別の相談をしても求職者の求める返事は返ってこないでしょう。その理由は、ハローワークは看護師に特化しているわけではなくあくまでも他の職種全般の職業案内を行っているところです。なので、ハローワークの職員は就職・転職の総合的な面接に対することや履歴書のことは教えてくれますが、病院や会社の個別のことまでは把握していないのが現状です。

「じゃあ、給与や勤務体制以外のことを知るにはどうしたらいいの?」と思った方は‘看護師転職支援サイト’を利用することをおススメします。

看護師転職支援サイトならば、担当のキャリアコンサルタントが病院別の実情も加味した情報を求職者へ提供し、あなたの求めている情報を提供してくれることでしょう。

 

・まとめ

ハローワークで仕事を探す方法でも仕事は見つかるとは思います。ですが、ハローワークだとどうしても細かい実情までは把握していないのが現状です。

なので、看護師として転職を考えているのであれば、ハローワークとは別に看護師転職支援サイトを利用してみるのも1つの方法ではあると思います。ハローワークでどのような求人が出ているのか確認した後看護師転職支援サイトでも求人を確認し比較してみてもよいかもしれませんね。

お祝い金がもらえる中途採用転職支援サイトとその特徴

お祝い金がもらえる中途採用転職支援サイトとその特徴をまとめました

 

サイトなどで看護師転職サイトを見ているとよく見かける「お祝い金」。「なんで、転職サイトを利用してお祝い金がもらえるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?基本的に転職支援サイトの利用料金は無料になっています。無料で就職先まで斡旋してもらった上に、なおかつお祝い金までもらえるなんて!と不思議に思いませんか?無料で転職活動の支援もしてくれてお金までくれる転職支援の仕組みについて今回は記述していきたいと思います。

仕組みが分かっていれば、安心して転職支援サイトを活用できようになることでしょう。

 

・転職支援サイトの仕組みとは?

転職支援サイトとは、無料で転職を斡旋するサイトのことです。基本的に無料で看護師の求人を紹介したり、面接対策などの転職活動全般をサポートしてくれます。そもそもこの転職支援システムがどうやって成り立っているのかと言うと、転職支援サイトは求人を出している病院などから報酬をもらって成り立っているのです。つまり、転職支援サイトが病院へ看護師を紹介して無事に採用が決まれば、病院側から転職支援サイトに報酬を支払うことでこの転職支援サイトは成り立っているのです。つまり、転職支援サイトは看護師を紹介し、なおかつ転職を成功させないと報酬が得られないというわけです。報酬が貰えないと、サイトの運営もできないわけですから、転職支援サイトは無償で面接対策や病院側との交渉を行っているのです。少しでも多くの看護師にサイトを利用して転職をしたもらうための仕組みが転職支援システムというわけです。

 

・では「お祝い金」はどこから発生しているのか?

お祝い金は、転職サイトが病院から貰った報酬の一部を転職者に還元したお金になるのです。ではなぜ、転職支援サイトはそういったお金を出すのか?

それはつまり、転職したい看護師は数ある転職サイトを吟味し選択しています。ということはその数ある転職サイトの中で選んでもらうために取り組んでいる仕組みがこの「お祝い金」なのです。確かに、同じような求人を取り扱っているのであれば、お祝い金が出るところ選んでしまいますよね。

このお祝い金のサービスで、転職希望のある看護師を多く集めることで結果的に転職支援サイトは儲かるという仕組みになっているわけです。

結果的に転職サイト側と転職者双方が得をするため、非常に有効活用できる仕組みになっているのです。

・転職支援サイトを選ぶ上で気を付けたいこと

上記でも説明しように転職支援サイトには、お祝い金などの制度がありますが、これを基準にしてサイトを選定しないことです。確かにお祝い金は無いより有るにこしたことはありません。がしかし、お祝い金は一時的なお金です。それよりも長く働ける良質な職場を選ぶことの方が先決であります。良質な職場で働けたなら、お祝い金分のお金はすぐに取り戻すことができます。お祝い金も大切ですが、サイトの担当者の対応や求めている求人があるかどうかを基準にし、その上でお祝い金の有無でサイトを選びましょう。

 

まとめ

転職支援サイトは転職者にとって強い味方になりえます。うまく活用することができれば転職者にとって必ずプラスになる情報を提供してくれることでしょう。今の時代、就職難に陥っている人が後を絶ちません。そんな中、無償で活用できる転職支援サイトは大変ありがたいシステムです。まずは、1歩踏み出して活用してみることをおススメします。必ず転職者にとって有意義な情報を提供してくれることでしょう。